jump to navigation

[Flash] swcファイルもろもろ 8月 24, 2009

Posted by hyhy in Adobe系.
Tags: ,
comments closed

SWC ファイルは、コンポーネントやその他のアセットのアーカイブファイルで、クラスライブラリと呼ばれることもあります。SWC ファイルには、CSS ファイルなどのプロパティファイルやその他の未コンパイルのアセットの他に、SWF ファイルと catalog.xml ファイルが含まれています。SWF ファイルにはコンパイルされたコンポーネントまたはコンポーネントのグループが実装され、埋め込まれたリソースがシンボルとして格納されます。Flex アプリケーションでは、SWC ファイルから SWF ファイルを抽出し、アプリケーションがこの SWC ファイルに含まれるリソースを参照するときに SWC ファイルの内容を使用します。catalog.xml ファイルには、コンポーネントパッケージの内容および各コンポーネントがリストされます。
swcについて

■CS3へのインストール
{Flash CS3インストールフォルダ}\jp\Configuration\Components\○○.swc
■CS4へのインストール
{Flash CS4インストールフォルダ}忘れたので後ほど記述
■FlashDevelopへのインストール
FlashDevelopのプロジェクトを開いた状態で、
メニューの[Project]→[Properties…]→[Compiler Optionタブ]→[SWC Libraries]
ここからswcファイルをフルパスで入力すればOK

■classpathを使用する場合
Flash IDE Project では、プロジェクトのルート階層がクラスパスとして認識されますが、これだと外部のパッケージが増えたとき不便です。そのため classes フォルダを用意。プロジェクトのプロパティより次のように設定。
[Project]→[Properties]ダイアログ →[Classpaths]タブ →[Add Classpath]→ classes フォルダを選択
あれ?
[Tools]→[Global Classpaths]→[Add Classpath]こちらの違いは、後で調べます。

■FlashDevelop+swc
参考サイト

広告