jump to navigation

アップルの「Boot Camp」について知っておくべき3つのこと 11月 5, 2009

Posted by hyhy in 技術情報.
Tags:
trackback

って記事があったのでまとめ。

Mac上でWindowsを稼働させるためのソフトウェアとして、Appleの「Boot Camp」が「Parallels Desktop」や「VMware Fusion」よりも優れている理由について。
AppleのBoot Campは、現在利用可能なデュアルブートソフトウェアのなかで最も素朴。

1.無償である
Boot CampはAppleのMac OS X 10.5(Leopard)とMac OS X 10.6(Snow Leopard)に無償で同梱されています。
Parallels DesktopやVMware Fusionといった製品は有償です。
Mac OS XとWindowsを必要とするすべての企業ユーザーが、Macを起動中に、Windowsに即座にアクセスする、あるいはMac OS X内からアクセスする必要がありますか?

2.より高速である
Boot Campを用いてWindowsを起動した場合の方が、ユーザーの経験するパフォーマンスレベルは高いものとなるはずです。Boot Campにより、Windowsはプロセッサの能力とRAM容量をフルに利用することができます。Boot Campを使用し、単一のOSのみを稼働させている状態の方が、高いパフォーマンスを実現することができる。

3.互換性がある
サードパーティーの仮想化ソフトウェアを使う場合、USB接続やアプリケーションを始めとするさまざまな互換性の問題に悩まされることは避けられないでしょう。一方、Boot Campでは、互換性が確保されています。

サードパーティーの仮想化ソフトウェアを用いている場合、パッチや再インストールが必要となったという話がよくあるそうです。

参考サイト

広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。