jump to navigation

Windows7のXP mode、ついでに仮想マシン 10月 22, 2009

Posted by hyhy in 技術情報.
Tags: ,
trackback

本日Windows7が発売されましたね。
僕もamazonで購入したのですが、ちょうど家におらず、不在連絡票が入っておりました。

Webサイト(アプリケーション)の動作テストでWindows7も含まれることが多くなってくると思いますが、場合によってはWindows7のXP mode仮想環境化での動作検証も必要とされる場合もあるのではないでしょうか?

XP modeは本日ダウンロードできるとされていましたが、探してもRC版しか発見できず。。。

■Windows XP Mode

・『Windows XP』とのアプリケーション互換性を提供する『Windows 7』のアドオン機能
・『Microsoft Download Center』にて10月22日からダウンロード提供を開始
・Windows 7 上において直接動作しないと思われる XP 用アプリケーションを運用するための仮想環境として提供
・Windows7導入促進の為の、補助的なセーフティネットして提供するもの
※しかし、そもそも Windows 7 は大半の XP 用アプリケーションを使用できる設計になっているとのこと

■インストール
1)Virtual PCをインストール
2)XP Modeのインストール
http://www.microsoft.com/windows/virtual-pc/download.aspx

■使ってみて
・Virtual PC上で動く仮想環境
・XPモードはUIもまんまXP
・デフォルトブラウザはIE6
・WindowsMediaPlayerのバージョンは9
・IE6にFlashPlayer10のインストールができなかった

■■■■仮想マシンについておさらい■■■■
参考サイト

■Microsoft Virtual PC
WindowsおよびMac OS X上にPC/AT互換機の仮想マシン環境を構築するマイクロソフトのアプリケーションソフトウェア。
Virtual PCは、パソコン上に簡単にPC/AT互換機の仮想マシン環境を作ることが出来るソフトウェア製品。
OSを仮想的に動作させるタイプではなく、ハードウェアとしてのPC環境を仮想的(ヴァーチャル)に構築している。
ハードウェアをソフトウェアによってエミュレートしているため、最新のデュアルコア以上のマルチコアCPUを搭載したかなり高性能なマシンでも、ソフトウェアエミュレーションの制約上、動作の面でパフォーマンスは低い。
とくにビデオチップをCPUでエミュレーションしているため、高度なグラフィック機能を要求する3Dゲームをプレイする用途には向かない。
(Direct3Dのハードウェアアクセラレーションができない。VMwareではWorkstation 6.5以降で対応している)

しかしシステムのバックアップやファイル交換、オフィスアプリケーションの利用、あるいは別OSでのWebやアプリケーションの動作テスト等、速度を必要としない用途に非常に便利。
コンピュータ・ウイルスやソフトウェアのバグなどによりシステムが破壊されても容易に復旧できるなど、仮想環境ならではのメリットもある。

Virtual PCのエミュレートでは、ネットワークの設定を変更して、インストール時にMacと共有していたIPアドレスを固定のIPアドレスに設定できる。
こうすることによりVirtual PC上のWindowsは、さも一台の実在するマシンのようにネットワーク上では認識される。
また、Virtual PCの設定ファイル類を外付けタイプの大容量HDDやUSBメモリなどで持ち歩けば他所のPCのVirtual PC上で同じ環境がエミュレートできる。

■VMware
VMware(ヴイエムウェア)は、コンピュータの仮想化用ソフトウェアを製造・販売する、アメリカの会社名であり、更にはそのソフトウェア製品の総称。

製品には用途や想定ユーザによって、
VMware Workstation、VMware ESX、VMware ESXi、VMware Infrastructure、VMware Server、VMware Playerなどがある。
いずれもx86およびx64プロセッサを搭載するコンピュータで動作する「仮想マシン環境構築用のソフトウェア」である

VMware Workstation、 VMware Server、VMware Fusionは、各ハードウェアで動作するOS上で仮想マシンを作成、実行するソフトウェアである
(以下実機マシンおよび仮想マシンで動作するOSをそれぞれホストOSおよびゲストOSと呼称)。

x86およびx64プロセッサを搭載するPC/AT互換機自体をエミュレートしているため、同アーキテクチャに対応しているOSならば理論上何でも動作させることができる。
ただし、x64版のオペレーティングシステムを動作させるためにはx64の命令を解釈できるプロセッサが必要となる。

一方、VMware ESX 、ESXiはベアメタル型のハイパーバイザであり、ホストOSが存在せず、VMkernelと呼ばれる専用のホストカーネルが直接ハードウェア上で動作し仮想マシン環境を構成する。
このVMkernelはマイクロカーネルでプロンプトを持たず、マンマシン・インターフェースとしてサービス・コンソールもしくはコンソールOSと呼ばれるLinuxを同時に動作させている。
このため「ESXはLinuxを改良して作られたもの」と誤解されることが多い。
ホストOSが存在しないため信頼性が高く、データセンタなど大規模な用途に向くとされている。

■2009/11/28 更新
VMware、仮想化ソフトの最新版「VMware Fusion 3」をリリース
Intel Macで「Mac OS X」とともに「Windows」の稼働を可能にするVMware Fusionのメジャーアップデート版「VMware Fusion 3」がリリースされたそうです。

VMwareシリーズの最新版が公開、無償の「VMware Player」に仮想PC作成機能が追加
MacBookProにWindows7ProfessionalとVMwareFusion3をいれてみた

■windows7関連記事
いまだから…。Windows 7の記事まとめ50選
Windows 7 対応製品情報
Windows 7 Ultimate(Enterpriseも含む)の, 指定したアプリの起動を禁止する新機能「AppLocker」
【Win7大図鑑5】楽しく便利なAV関連機能を活用しよう
リモートメディアストリーミングで外から家にアクセス
Windows 7に今まで使っていた情報をまとめて転送
Window 7で使える優秀(+無料)な7つのアプリケーション

■XP mode関連記事
MSのインフラ系エバンジェリスト、田辺さんのブログのほうがわかりやすい。
「Windows XP Mode」とは?–よくある質問をまとめてみた
仮想環境「XPモード」に過度な期待は禁物

広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。