jump to navigation

[DB] PostgreSQL編 10月 20, 2009

Posted by hyhy in 技術情報.
Tags:
trackback

前回のMySQLに引き続き、今回はPostgreSQLです。

■各バージョン(10月20日現在)
・8.4.1
・8.3.8
・8.2.14
・8.1.18
・8.0.22
・7.4.26
・7.3.21

■概要
PostgreSQL(ぽすとぐれすきゅーえる)は、BSDライセンスにより配布されています。
オープンソースのオブジェクト関係データベース管理システム (ORDBMS) 。

近年においては、機能、信頼性ともに目覚ましい発展を遂げています。→勢いアリ!

オープンソースDBに限定するとMySQLに次ぐ第2位のシェアを占めています。

■機能
・ストアド(PL/pgSQL)
・豊富なインデックス
・トリガ
・バキューム

■バキューム (VACUUM)
追記型アーキテクチャにおける不要領域を回収し、再利用またはOSに返却する処理。
バージョン8.3からはHeap-Only Tuples (HOT) が採用され、インデックスの変更を伴わない更新については、削除された行を直ちに再利用することが可能となり、バキュームの必要な頻度は下がりました。
バージョン8.3より自動バキューム機能が標準で有効化されています。

・全文検索
LIKE 述語と正規表現による文字列検索のほか、全文検索の機能を持つ。バージョン 8.3 以降は組み込みで、
それ以前のバージョンでは contrib/tsearch2 として提供されている。

・副問い合わせ(サブクエリ)
・結合(NATURAL JOIN、LEFT OUTER JOIN、RIGHT OUTER JOIN、FULL OUTER JOIN)
・制約(外部キー、ユニーク制約、CHECK制約)
・トランザクション
・オンライン・バックアップ
・SSLでの接続
・表領域

・CPU スケーラビリティ(拡張性)

・PostgreSQL は他の関係データベース管理システム (RDBMS) と比較して更新処理が遅いと言われてましたが、バージョン 8.3 にて Heap-Only Tuples (HOT) と呼ばれる機能が採用され、インデックスのキーとなっています。
列の値に変更が無い場合にはインデックスの更新を回避できるようになりました。

・PostgreSQL のレプリケーションは、サードパーティー製のオプションソフトウェア(ミドルウェア)を使うことで実現できます。

PostgreSQLの概要とアーキテクチャ
PostgreSQLの進化に迫る
最新版PostgreSQLバージョン8.4の機能
クラスタリングでPostgreSQLの可用性と信頼性を高める
PostgreSQLとOracle Databaseそれぞれの特徴

[9月版]PostgreSQLの今を知る
PostgreSQLの機能を他のデータベースと比較してみてみよう
PostgreSQLの利用事例と情報収集
PostgreSQLの導入と初期設定
PostgreSQL でのデータベース構築の際に必要となる物理設計のポイント
PostgreSQLのトラブルシュートとチューニング
PostgreSQL Conference 2009 Japanの見所に迫る
PostgreSQL安定運用のコツ2009

MySQL/PostgreSQL+Sennaで行うラクラク全文検索……Tritonn&Ludia導入のポイント

広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。