jump to navigation

サイトの表示速度を検証する 10月 14, 2009

Posted by hyhy in 技術情報.
Tags: , ,
trackback

■■Yslow
サイト表示を重くする原因を解析、測定するツール「Yslow」がyahooより提供されています。
現在、Firefoxのアドオンという形で公開されています。

http://developer.yahoo.com/yslow/
https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/5369

このツールは、高速化のための判定項目が最新版では全部で22項目に分かれており、内容もHTMLコーディングの方法からサーバの設定まで多岐にわたりますが、すべての項目でA~F判定で表示され、そのサイトが抱える問題点をわかりやすく指摘してくれます。

■導入手順
1) Firefoxのアドオンである、「Firebug」をインストールします。
2) 「YSlow」 をインストールします。

■実行手順
yslow

1) Firefoxを起動し、ツールからFirebugを立ち上げる。
2) 検証したいサイトを開く。
3) Firebugより「YSlow」タグを開く。
4) Autorun YSlow each time a web page is loadedにチェックを付け、「Run Test」をクリック。

■■Page Speed
http://code.google.com/intl/ja/speed/page-speed/

Googleにより、Webサイトのパフォーマンスを向上させるための解析/最適化アドオン「Page Speed」がリリースされました。Page SpeedはFirefox上で動作するアドオンです。Webサイトを構成するCSSやJavaScript、画像ファイルなどをあらかじめ用意されたチェック項目に沿って解析し、問題点や改善方法をリスト化してくれます。またFirebugの「ネットワークモニター」をさらに強力にしたような機能「Page Speed Activity」では、Webサイトの表示にかかった時間をDNSやキャッシュヒット、JavaScriptのパースや実行時間を計測することができます。

■導入手順
1) Install Page Speed.
2) Run Page Speed against your web pages.
3) Read about the Page Speed performance best practices

参考サイト

米ヤフー、サイト高速化を実現する「Traffic Server」をオープンソース化
「ウェブサービスのパフォーマンスとスケーラビリティ」
High Performance Web Design ~デザインから考えるハイパフォーマンスWebサイト~

広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。