jump to navigation

アメーバピグ 8月 15, 2009

Posted by hyhy in 技術情報, 日々思うこと.
trackback

これなんですが、

アメーバピグ(Ameba Pigg)は、サイバーエージェントが運営する、アバターを用いたチャットサービス。
自分にそっくりなアバター(ピグ)をつくり、代々木公園・渋谷・浅草などを模した広場(オープンチャットルーム)などでチャットを行うのがメインの機能。また「しろくろゲーム」(リバーシ)や、ピグの画像を利用した「えあわせゲーム」(神経衰弱)などで他のユーザと対戦したりすることもできる。
wikiより抜粋)

2009年6月ごろに、知人から電話があり、アメーバピグ的なものを作りたいというお話を頂きました。
私はそのとき、このアメーバピグというものを知らなかったので、登録して機能概要の把握のため、1ユーザーとして触ってみたのですが、これがよくできていると非常に感心しました。Flasherとしてのレベルアップ図れること間違いなしの一品です(って開発者目線)。

自分のキャラを作ってそれを動かせるし、
部活という機能を使って気の合う友人を見つけるもよし、そうすればコミュニケーションも楽しくなるしね。笑ったり怒ったりと感情表現も豊か。
また部屋の模様替えなどもできる。
服を買ったり、家具を買ったり、アクションを買ったりと、ユーザーにお金を使わせる要素満載なわけです。

しかーし、こちらのアバターアイテムによる売り上げが好調ということもあり、他社がこぞって参入しようとしている状況にあるのですが、
(私が知っているだけでも5社。。。)

1ユーザーとして一言。
おもしろいですが、そのうち飽きます。確実に!
mixiのコミュニティーと違って、自分にとって有益な情報は得られにくいので、そこが難点かも。

MYルーム

広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。