jump to navigation

SilverLightネタ 7月 31, 2009

Posted by hyhy in 技術情報.
Tags:
trackback

SilverLightが出たとき(2006年のWPF発表の頃から)は、ちょっとだけ動向が気になってたけど、最近AdobeのRIAソリューション(FlashやFlex)に全く太刀うちできないことを悟り、まったく触っておりません。

よくFlashの比較され扱われることが多いが、あれはFlashと比較するのではなく、むしろFlexに近いと思います。
比較したとき、機能面、生産性の面からしてAdobe Flexには現時点では全く敵わないといっても過言ではないかと。

発表当初、比較されFlashとどこが違うのかと質問されていましたが、MS担当者の回答は、
「デザイナーとデベロッパーが作業を分担して開発ができる。」
「既存の.NET(C#, VB)、javascript、IronPython、IronRubyなど複数の言語に対応。」
と、開発手法の違いだけであり、機能面での強みが一切なく、がっかりしたのを記憶しています。

某動画配信会社に所属していたとき、SilverLight2がリリースされ、.NET対応+DRM対応になったタイミングで本格的に動画視聴プレイヤーを作ってみたけど、当時2008年初頭には情報が少なく、非常に困難を極めました。

ここでサンプルを見せたいのだけど、ストリーミングの為の接続先のサーバが所属している会社のWindowsMediaServerになっているので、公開できません。。。
(まあプレイリストのxmlファイルを書き換えればいいのだが。)

■覚えてる範囲でメモ書き(SilverLight2以降)
mmsプロトコルとrtspプロトコルの両方をサポート

MicroSoft SilverLight
silverlightダウンロード
Expression
Silverlightのテクニカルマネージャ大西さんのブログ
ドキュメント

Silverlight 3がやってきた
Facebook SDK 3.0でWPF、Silverlight、WinForms、ASP.NETを使ったFacebookアプリケーションを作る
WPF vs. Silverlight – 真の違いは何か
Silverlight 4 Beta 進化のポイント: 2つのOut of Browser

広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。