jump to navigation

ナルコレプシーについて 6月 14, 2009

Posted by hyhy in Other.
Tags:
trackback

会社の同僚が、急に意識がなくなって、そのまま寝てしまったって話してました。
あれ?これってなんだっけ?ってことで、メモ。

■ナルコレプシー
日中において場所や状況を選ばず起きる強い眠気の発作を主な症状とする神経疾患(睡眠障害)である。笑い、喜び、怒りなどの感情が誘因となる情動脱力発作(カタプレキシー)を伴う人が多い。入眠時もしくは起床時の金縛り・幻覚・幻聴の経験がある人も多い。夜間は頻回の中途覚醒や、幻覚や金縛りを体験するなどのため、睡眠も妨げられる。1日の睡眠時間の合計は健常者とほとんど変わらない。

日本では「居眠り病」「過眠症」とも呼ばれているが、一般への知名度が低いうえ、専門医が非常に少ないため、罹患者に対する正しい診断・治療が受けられないことや、まわりの人間からの理解が得られにくいなど、罹患者には大きな負担がかかっているのが現状である。

また、治療を行っていない状態で、機械や自動車の運転中などに発作が起きると重大な事故の原因となりうるためこれらを使用できないなど、社会生活上の制限も大きいものの、適切な治療下にある場合、日常生活を送るのに支障をきたすことは殆どない。

wiki

広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。