jump to navigation

1台のサーバーに複数のIPアドレスを持つ 6月 2, 2009

Posted by hyhy in 技術情報.
Tags:
trackback

■1台のサーバーに複数のIPアドレスを割り当てる方法について。

【メリットについて】
例えば,複数のサーバーを1台に統合するとき。サーバーを1台に統合するとIPアドレスが変わってしまうので,DNSサーバーへの登録情報などを書き換えないと,クライアントからサーバーへうまくアクセスできなくなってしまう。こんなとき,1台のサーバー・マシンに複数のIPアドレスを割り当てられれば,統合前と同じIPアドレスで運用が続けられ,DNSサーバーなどの設定を変更する必要がない。

 もちろん,最初からFTP用,Web用,メール用などと,IPアドレスを複数個用意しておき,1台のサーバー・マシンに割り当てておくことも可能だ。こうしておけば,サービス機能ごとにIPアドレスで区別でき,サーバーの負荷が高まってきたら,複数台のサーバー・マシンにばらすような運用が簡単にできる。

【方法】
1)NICを複数枚さして、別々にIPアドレスを付与
2)1枚のNICに2つのIPアドレスを付与
3)1つのIPアドレスに2つのポートを使う

サーバー・マシンに複数のLANカードを装着して,LANカードごとに異なるIPアドレスを割り当てる手がある。しかし,ハードウエアに手を付けなくても,Windows2000やWindowsXPでは,ほんのわずかな操作だけで実現できる。

【補足】
■バーチャルドメイン
バーチャルドメインとは、1台のサーバ(もしくは1つのIPアドレス)に複数のドメインを割り当て、同時に異なるサービスを提供すること。

広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。